基本から学ぶ住宅ローンの選び方(金利タイプ編)




 住宅展示場を見学して回り、あれこれマイホームの夢を膨らませている皆さん。住宅購入資金をどうやって準備するか、頭を悩ませていることでしょう。今回は、住宅ローンの選び方を金利タイプの面から学んでみましょう。
 住宅ローンの金利タイプは、大きく分けて3つあります。1つは固定金利型。2つ目は変動金利型。3つ目は固定金利と変動金利を組み合わせたタイプです。
 固定金利型は、借りる時に決めたローン金利が返済が終わるまで変わらないタイプのものです。
住宅ローン借り換えランキング
一方、変動金利型は、借りた時の金利が一定期間毎(例えば1年に1回)に見直され、その時々の金融情勢に応じて変動するタイプです。現状では、固定金利型よりも変動金利型のローン金利が低い場合がほとんどです。
 今の低金利情勢がローンの返済終了時まで続くと確信している人は、低いほうの変動金利型を選べはよいと言えます。でも、ローンの返済が終わるまでに金利が大幅に上昇しないとは誰も断言できません。
 金利が低い時に固定金利型を選ぶのは堅実な考え方です。しかし、ローンを申込む時、変動金利型と固定金利型との金利差が大きい場合は、双方を組み合わせたタイプを選ぶのもよいでしょう。
 
 
AX